中山マコトの人柄から多くを学ぶことができる

キャッチコピーの指南は、中山マコト氏へ

シンクロニストって言葉ご存知でしたか?企業と顧客、店舗と利用客、企業と企業間において、「売り手と買い手の間にズレがあり、その為に商談(コミュニケーション)が進まない」状態がある。そのズレをうまくすり合わせ、商談と互いのコミュニケーションとをうまく進めようとする立場をシンクロニストと言うそうです。そして、中山マコト氏なる人物はそのオーソリティなのだそうです。製品、商品は非常に優れているのに、なぜかいまひとつ売れ筋にならない・・・そんなケースはよくあると思うのですが、そんな場合にこの「売り手と買い手のズレ」が生じていることが非常に多いようです。キャッチフレーズ、POP、セールスマンのセールストーク。これらの、製品サービスを表すキャッチコピーを根本的に見直すことで、この「ズレを埋めて、売り手の思いと買い手の意思」が一致するそうなのです。基本は「売り手の気持ちではなく、どれだけ買い手の気持ちに訴えることができるか?」なのだそうで、言われてみれば、商売の基本の基本のところらしいのですが、その基本を発見し表現するヒントが、中山マコト氏の著作にはあふれているとのこと。営業マンは一読の要ありかもしれませんね。

売れない営業につけるクスリは中山マコト?

「買った後のストーリーを語ろう」、「期待感を抱かせよう」「機能を徹底的に伝えよう」「好奇心を煽ろう」・・・これ、何のフレーズだと思います?実は、中山マコト氏の著作に書かれている「商品がどんどん売れるキャッチコピー」を作るための手段なのだそうです。営業マン、または営業系の仕事に携わる皆さん、ちょっと気になりませんか?いずれも、それほど難しくない、自分の扱っている商品、製品への愛情とちょっとした知識があれば、すぐにつむげそうキーワード達ですよね。ホントかな?って思っちゃうと思います。実は私も営業なのですが、最初は疑問に思ってました。と、いうより、否定に近かったと思います。でも、ズラッと並ぶ(キャッチコピー用の)キーワードと、その作り方を眺めているうちに、「これは面白いかも・・・」と思うようになってきてしまったのです。なぜなら、「簡単なキーワード」の羅列でありながら、しかし、それを「届ける相手(市場)」を明確化し、自分本位でなく「相手が何を求めているか」を考えた上で、「他者との違いを明確にし」「選んでもらうための根拠を示そう!」と結ぶのです。なんだか、自分にもできそうですし、ちょっと売れそう、試してみたくなりませんか?中山マコト氏の教え、私も一度試してみようと思っています。